December 31, 2020

旅客機乗客数の21年間の増加分が2020年に消失:シリウム・レポートの報告

ロンドン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 世界的航空データ企業のシリウムは本日、新しいレポート「2020年航空会社インサイト・レビュー」を公開しました。COVID-19拡大抑止のために敷かれた世界規模の旅行制限が航空部門に与えた衝撃的な影響を明らかにしています。 レポートによれば、パンデミックとその影響によって旅客機乗客数の21年間の増加分がわずか数カ月で消失し、今年の乗客数は1999年の水準まで低下しました。2020年の乗客数は昨年と比べて67%減少したと推計されています。 4月に運航停止が最も多くなり、4月25日の定期旅客便数は世界でわずか1万3600便へと著しく落ち込みました。年間で一番運航数が多かった1月3日に、シリウムは世界で9万5000便以上の定期旅客便を記録し、この日に比べると4月25日のフライト数は86%減という異例の減少となりました。 航空会社が2020年に運航したフライトは1月から12月までの期間で前年比49%減となり、2019年の3320万便からわずか1680万便(12月20日まで)へと減少しました。 今年の国内便は2019年の21


Leave Comment


Your Name *
Your Email *
Your Website
Comment *