November 20, 2020

ソウル半導体がフィリップス・ブランドの照明関連会社のLED照明製品に対して再び恒久的差し止め命令と製品回収命令を獲得

韓国安山市–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 世界的なLED (発光ダイオード)専業メーカーのSeoul Semiconductor Co., Ltd. (本社:韓国安山市、代表理事:李貞勲、以下「ソウル半導体」)は、ドイツのデュッセルドルフ地方裁判所がフィリップス・ブランドの照明関連会社の特定の携帯電話機と照明製品に対して「2件」の恒久的差し止め命令を出したと発表しました。 裁判所は、Leuchtstark Vertriebs GmbHに対する特許訴訟において、Signify(元フィリップス・ライティング)子会社のKlite Lightingが製造する照明製品に対する恒久的差し止め命令を発表し、2017年3月より後に販売された該当製品の回収とその破壊を命令しました。Kliteの製品に対する別の最近の訴訟においても、ソウルは恒久的差し止め命令と、2017年10月より後に販売された侵害製品の回収と破壊の命令を獲得しています。 これは、ソウルが米国でフィリップス・ブランドのLEDテレビ製品の販売に関して恒久的差し止め命令を獲得した2件に続くものです。 別の特許


Leave Comment


Your Name *
Your Email *
Your Website
Comment *