November 20, 2020

ウィプロの毎年のサイバーセキュリティー現状報告書で、高度な攻撃者への対抗としてサイバーセキュリティーへのAI導入が進んでいることが明らかに

米ニュージャージー州イーストブランズウィック & 印バンガロール–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 情報技術、コンサルティング、ビジネスプロセスのサービスを提供する世界的大手企業ウィプロ・リミテッド(NYSE:WIT、BSE:507685、NSE:WIPRO)は本日、毎年のサイバーセキュリティー現状報告書(SOCR)を発表し、世界で変化しているサイバーセキュリティーの視点を提供しました。 この報告書は、より多くの組織が高度化するサイバー攻撃に対抗して回復力を高めようとする中で、人工知能(AI)が防御戦略の一環としてどのように活用されるのか、新たな洞察を提供します。研究開発が増加しており、過去4年間に世界で出願されたサイバーセキュリティー関連特許のうち、49%がAIおよび機械学習(ML)アプリケーションに焦点を当てています。ほぼ半分の組織が、未知の攻撃に対抗するためにセキュリティー運用センター(SOC)で認知検出機能を拡張しています。 また、世界でリモートワークが増加するにつれ、サイバー・レジリエンスにパラダイムシフトが進んでいることを示しています。さらに、


Leave Comment


Your Name *
Your Email *
Your Website
Comment *