September 16, 2020

横河電機: 産業における自律化の調査を実施—プロセス産業の3分の2が2030年までに完全自律操業を見込む

東京–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:奈良 寿)は、エンドユーザーを対象とした「産業における自律化の見通し」に関するグローバルの調査※を実施し、プロセス産業に属する回答者の64%が2030年までに完全自律操業を見込んでいることが明らかになりました。この調査では、石油、ガス、化学、石油化学、発電などのプロセス産業で展開されている自動化と自律化、事業の優先順位、技術に関する将来のトレンドについてのユーザーの動向を把握することができます。 主要なインサイト 2030年までに完全自律操業に移行。意思決定を支援する技術に投資 この調査では、64%の回答者が、2030年までに主要業務で完全な自律操業に達する見込みであると回答しています。現在、「業務の自律化のレベルを高める計画がある」と回答した企業は89%に及び、現在の導入状況については、64%が「半自律または自律的な業務を実施している」、もしくは「試験的に実施している」と回答しました。3年後の2023年までには、プラントの操業に関するほとんどの意思決定プロセス


Leave Comment


Your Name *
Your Email *
Your Website
Comment *