January 15, 2020

 エネベートが電気自動車で超高速充電と長い走行距離を提供すべく、新しい低コストのバッテリー技術を商品化へ

米カリフォルニア州アーバイン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 電気自動車(EV)の超高速充電が可能な先進的シリコン主体リチウムイオン(Li-ion)電池技術の先駆的企業であるエネベートは、ギガファクトリー規模での大量の商品化と製造に向けて最適化された当社の新たな第4世代技術を発表しました。エネベートは、自動車OEMとEV電池メーカーが抱える困難な問題を解決するために、従来のリチウムイオン電池よりも低い材料コストで高エネルギー密度の超高速充電を提供しつつ、既存のバッテリー製造施設との適合性を維持できるソリューションを提供します。 新しいXFC-Energy™技術は、5分間で容量の75パーセントまで充電でき、セルエネルギー密度は800Wh/Lです。現在、従来の大型リチウムイオンEV電池は500〜600Wh/Lで、通常は充電に1時間以上かかります。 アライアンス・ベンチャーズ(ルノー・日産・三菱)のクリスチャン・ノスケ会長は、次のように述べています。「消費者とフリート所有者による今後のEVの大量導入は、長い充電時間や走行距離の制約など、現在の障壁を取り除く先進


Leave Comment


Your Name *
Your Email *
Your Website

Comment *