January 3, 2020

1960年代の台湾の光景:アメリカ人牧師による写真

台湾・台北–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 城邦文化事業股份有限公司は、アメリカ人牧師Barry L. Schuttlerが1959年から1960年までに撮影した台湾の白黒写真を紹介するプロジェクトを開始しました。 文化部の国家文化記憶庫計画による補助金を得て、城邦文化事業股份有限公司はこの古い写真を一般に公開し、台湾の歴史を垣間見ることを可能にします。 当時台湾クリスチャン・サービスのディレクターを務めていたSchuttlerは、米国からの支援を台湾に届けるために教会のメンバーと共に台湾各地と周辺部の島々を回りました。 写真愛好家だったSchuttlerは、万華区、亀山島、金門島での生活といった台湾の人々の日常生活や街頭の光景をレンズを通して記録しました。 台湾のために資金を集めて台湾を世界に紹介するため、Schuttlerは写真を米国の教会に送り、教会やメディアが写真を公開できるようにしました。例えば、サンフランシスコ・クロニクル紙は、その写真シリーズを出版しました。 その古い写真により、現代世代の人々も当時の台湾のライフスタイル、服飾、仕事、街頭の


Leave Comment


Your Name *
Your Email *
Your Website

Comment *