July 13, 2018

タイゴがTS4 プラットフォーム向けにUL認証済みの新しい通信デバイス「タイゴ・アクセス・ポイント(TAP)」を発表

米カリフォルニア州ロスガトス–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — スマートモジュール式Flex MLPEプラットフォームのパイオニア企業であるタイゴは本日、タイゴ・アクセス・ポイント(TAP)の提供を開始したと発表しました。このタイゴの新しい無線デバイスにより、クラウド・コネクト・アドバンスト(CCA)(ユニバーサル・データロガー)とTS4ユニットの間で通信が行えるようになります。そうしたTS4ユニットには、一体型のTS4-X、レトロフィット/後付け型のTS4-R-X、モジュール2基対応レトロフィット/後付け型のTS4-R-X-Duoがあります。タイゴの既存のゲートウエイ製品同様、TAPは小型でありながら、広範な通信範囲を誇り、対応可能なモジュール数が増加しています。TAPは現在、全世界で出荷中です。詳しい情報については、しかるべきPVモジュール供給業者、もしくはタイゴ(sales@tigoenergy.com)にお問い合わせください。 TAPは、住宅用、商用、産業用ソーラー・システムのデータ管理を改善するために、スマートモジュール間で無線通信を行います。各


Leave Comment


Your Name *
Your Email *
Your Website

Comment *