July 22, 2021

エバーブリッジ、「世界最先端のデジタル社会」エストニアでの全国規模公衆警報システムの実現のために選ばれる

ノルウェー・オスロ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 緊急事態管理(CEM)の世界的リーダー企業のエバーブリッジ(NASDAQ: EVBG)は本日、エストニアが、緊急時に住民と訪問者の安全と情報提供を維持するためにエバーブリッジの全国規模公衆警報ソリューションを選んだことを発表しました。130万人の住民を数え、年間320万人の観光客が訪れる人気旅行先であるエストニアは、ワイアード誌により「世界最先端のデジタル社会」と名付けられました。エストニアは、COVID-19パンデミック危機への対処を支援する多数のデジタル・ソリューションを含め、政府サービスの99%がオンラインで行われる効率的で安全かつ透明なエコシステムを構築しました。 エストニアはエバーブリッジを導入して住民警報システムを強化します。このシステムは、エバーブリッジの次世代のエンドツーエンド公衆警報ソリューションを活用したもので、独自のマルチチャネル・フロントエンド・コンソールは、全国規模の警報のためにセル・ブロードキャストと位置ベースのSMS警報を組み合わせて発信することができます。エストニアは位置


Leave Comment


Your Name *
Your Email *
Your Website
Comment *