July 21, 2021

クアナジーの3Dライダーソリューションが韓国初のV2Xスマートシティーの開設で選定される

米カリフォルニア州サニーベール–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ)– OPAベースのソリッドステートライダーセンサーとスマート3Dソリューションを車載・IoT向けに提供する一流企業のクアナジー・システムズは本日、当社の3Dライダーソリューションが、韓国・釜山における情報通信技術(ICT)システムの開発を支援するために選定されたと発表しました。このICTシステムは、データ主導型のIoTスマートシティーを構築する韓国政府の戦略で重要な要素となります。釜山は、このイニシアチブにおけるパイロット都市の1つです。 長年にわたり提携しているシステムインテグレーターのiCentと連携して導入するクアナジーの3Dソリューションは、当社のMQ-8 ライダーセンサーと専有的認知ソフトウエアのQORTEX DTC™を組み合わせたものから成り、歩行者の歩く方向や交通量、高速走行している車両数を含む交通データを収集・分析し、iCentのデータ分析プラットフォームであるiSaverが、時間帯や曜日などに基づいて、そのパターンを判断できるようにします。 収集データにより、釜山のスマートシティ


Leave Comment


Your Name *
Your Email *
Your Website
Comment *