July 19, 2021

北米と欧州の多国籍企業で総額95億ドルの四半期為替差損が生じたことがキリバの為替影響度報告書で判明

サンディエゴ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 北米と欧州の多国籍企業1200社の外国為替エクスポージャーによる影響について詳述する総合的な四半期報告書であるキリバの為替影響度報告書(CIR)により、為替変動によるマイナスの影響が95億4000万ドルに上ったことが明らかになりました。2021年第1四半期には北米企業が欧州企業より大きな逆風を受け、外国為替関連の悪影響は58億7000万ドルに達し、前四半期比で322%の驚異的な増加となりました。一方、欧州企業は36億7000万ドルのマイナスの影響を報告しています。 キリバのチーフ・エバンジェリストのウルフガング・ケスターは、次のように述べています。「データによれば、為替の変動性が高まる兆候があったにもかかわらず、多くの企業は為替エクスポージャーを管理する準備ができていませんでした。企業がパンデミック後の事業活動の急拡大に直面する中、最高財務責任者(CFO)は為替の動きについていくことができず、企業流動性を不必要に危険にさらしました。回避可能な100億ドル近くの損失を被ったCEOたちは、バランスシート上の為替エ


Leave Comment


Your Name *
Your Email *
Your Website
Comment *