June 11, 2021

COMPUTEX 2021 Virtualの第1週に最も話題となったこと

台湾・台北–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — COMPUTEX 2021 Virtualが6月30日までの日程で開催されています。イベント主催者のTAITRAは、#COMPUTEXVirtualに出展会場を設け、34カ国から出展者を迎えています。キックオフの週に開催されたCOMPUTEX CEO基調講演、COMPUTEX基調講演、COMPUTEXフォーラム、InnoVEXフォーラムはすべて、大盛況のうちに終了しました。講演で明らかにされた未来の技術に業界は熱狂し、COMPUTEXが構築するグローバルな技術エコシステムの魅力が示されました。 仮想ディスプレイのトレンディーなテーマが大きな反響を呼ぶ エイサー、欧州復興開発銀行(EBRD)、Epoch FoundationのGarage+、ギガバイト、インテルといった有力企業・機関が、最新技術を展示するパビリオンを設置しています。新興企業のためだけの展示会場である#InnoVEXVirtualには24カ国から新興企業79社が集まり、そこにはフランス、韓国、オランダの各国パビリオンとEBRDの初のパビリオンが含ま


Leave Comment


Your Name *
Your Email *
Your Website
Comment *