February 23, 2021

農業、再生可能エネルギー、ホスピタリティ、金融サービス、クリエイティブ・サービス、テクノロジー、林業、建設セクターの企業20社が新たにクライメート・プレッジに参加

シアトル–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — アマゾンとグローバル・オプティミズムは本日、世界各地の20社(アクシオナ、コリ・プリベ、クランズウィック、ダーボン、フリーナウ、ジェネレーション・インベストメント・マネジメント、グリーン・ブリテン・グループ、ホテルベッズ、IBM、アイスランド・フーズ、インターフェイス、ジョンソンコントロールズ、MiiR、オーステッド、プロセグール・キャッシュ、プロセグール・カンパニア・デ・セグリダッド、スラローム、S4キャピタル、UPM、ファンダーランデ)が新たな署名者としてクライメート・プレッジに加わったと発表しました。 新たな署名者が加わり、12カ国18業界の53社が世界中の事業で炭素排出量のネットゼロを目指して努力することを誓っています。これによって、全体として企業の炭素排出量が大幅に削減される可能性があります。各組織は炭素排出量ネットゼロに向けた道のりの異なる段階にありますが、53社の署名者すべてが、10年早くパリ協定を実現するというクライメート・プレッジの野心的な目標に取り組んでいます。 クライメート・プレッジの署名者


Leave Comment


Your Name *
Your Email *
Your Website
Comment *