November 19, 2020

クリスマス期の買い物に警告:単純な入力ミスで消費者やブランドがネット詐欺や偽造品、サイバー犯罪に巻き込まれる恐れ

米デラウェア州ウィルミントン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — ビジネス、法律、税、ドメイン・セキュリティーの世界的リーダー企業のCSCは本日、当社のデジタル・ブランド・サービス(DBS)部門による新しいリサーチを発表しました。このリサーチは、消費者に対し、クリスマス期の買い物シーズン中に単純にURLの入力を間違えるだけで重大なネット詐欺、偽造品、サイバー犯罪に巻き込まれる恐れがあると警告しています。当社は世界の大手オンライン・ショッピング・ブランド上位10件について、それらと似た登録ドメインであって入力ミスでアクセスされがちな登録ドメインを特定し、分析したところ、そうした登録ドメイン1553件のうち70%以上が第三者の所有であるらしいことが分かりました。 CSCの新しい調査報告によれば、こうした第三者所有のドメインへのアクセス数は年間500万回以上です。また、こうしたドメインの40%はドメイン・プライバシー・サービスを使用して誰が所有者なのかや所有者の素性をマスキングして見えないようにしており、48%近くは(メールの)MXレコードがフィッシングやメールの


Leave Comment


Your Name *
Your Email *
Your Website
Comment *