July 21, 2020

RSAカンファレンス2020 APJが仮想学習体験で世界中の参加者を獲得、一流専門家と共にサイバーセキュリティーの次なる対策について詳細な知見を共有

シンガポール–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 情報セキュリティーに関する世界有数のカンファレンスおよび展示会であるRSAカンファレンスは、第8回地域イベントの閉会を発表しました。第8回地域イベントは公衆衛生と安全の懸念から仮想学習体験として見直す形で実施しました。参加者は3日間にわたりオンラインでカンファレンスに参集し、専門家が仕切る基調講演、トラックセッション、双方向プログラムを通じて、サイバーセキュリティー上の最新の脅威と傾向について追究しました。 カンファレンスには1万4000人以上の登録があり、これらの方々の出身国は142カ国に上り、シンガポール、インド、オーストラリア、日本、米国、フィリピン、香港、カナダ、マレーシアから多数の国際的な参加がありました。 RSAカンファレンスのシニアディレクター兼ゼネラルマネジャーのリンダ・グレイ・マーティンは、次のように述べています。「私たちを取り巻く世界の環境が変化しているにもかかわらず、私たちが依然としてサイバーセキュリティーコミュニティーを参集させ、意見交換や独自の展望について語り合うことに真剣に取り組ん


Leave Comment


Your Name *
Your Email *
Your Website
Comment *