May 22, 2020

ビューロー・ヴァン・ダイクとRDCがそれぞれChartis社のKYC/AMLデータ・ソリューション・レポートでカテゴリー・リーダーに認定

ニューヨーク–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — ムーディーズ・アナリティックスのグループ会社であるビューロー・ヴァン・ダイクとムーディーズが1月に買収したレギュラトリー・データコープ(RDC)は、Chartis社の新たなレポートでカテゴリー・リーダーに認定されました。「KYC/AML Data Solutions, 2020: Market and Vendor Landscape」では、顧客確認(Know Your Customer: KYC)およびマネー・ロンダリング防止(AML)に関するデータ・ソリューションの主要ベンダー15社が評価されました。 ビューロー・ヴァン・ダイクのエグゼクティブディレクターのDan Russellは、次のように述べています。「ビューロー・ヴァン・ダイクとRDCがChartis社の新たなレポートでカテゴリー・リーダーとして認められたことをうれしく思います。両事業に対する今回の評価は、RDCがそのAMLとKYCのデータセットにより業界リーダーとなり、これらがビューロー・ヴァン・ダイクの包括的な企業情報を自然な形で補完するという


Leave Comment


Your Name *
Your Email *
Your Website

Comment *