May 21, 2020

レノボ、2019/20年度は堅実な売上高と過去最高の税引き前利益を達成、世界的な経済的困難を乗り切って力強い立場を確保

香港–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — レノボ・グループ(HKSE:992)(OTC Pink:LNVGY)は本日、通期および第4四半期の堅実な業績を発表し、前例のない世界的変化の中で強い立場を顕示しました。当年度は、マクロ経済的にも業界においても多くの困難がありましたが、当社は2年連続して500億米ドルを超える通期売上高(507億米ドル)を達成しました。利益率は引き続き好調で、税引き前利益は過去最高の10億2000万米ドルとなり、前年比で約19%増加しました。通期の純利益は、前年比12%増の6億6500万米ドルでした。 通期の基本1株当たり利益は5.58米セント(43.61香港セント)で、第4四半期の1株当たり利益は0.36米セント(2.80香港セント)でした。レノボの取締役会は、2020年3月31日締め通期の期末配当を2.77米セント(21.50香港セント)と発表しました。 レノボの楊元慶会長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「世界的な変化と変革のかつてなく重大な時期において、レノボはこの1年間で事業を大きく変革しました。10億20


Leave Comment


Your Name *
Your Email *
Your Website

Comment *