July 12, 2019

18カ国の47大学が6原則について誓約、G7アジェンダ・テーマに関連して具体的行動

パリ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — フランス共和国のエマニュエル・マクロン大統領の強力な支援の下に2019年7月9、10日にパリで開催されたU7+サミットの期間中に、新たに発足したU7+に加盟する世界の一流大学の学長47人が、多国間アジェンダに関する5つの主要な世界的課題であるグローバル世界における大学の主要な役割、気候変動とエネルギー転換、社会の不平等、技術変革、地域社会の関与・影響に関する6つの取り組みについて議論、投票、署名しました。 U7+最終宣言は、次回のG7ビアリッツ・サミットの視点に沿って採択されました。この宣言は、2日間のサミットで行われた議論の結果であり、それぞれの大学の個人代表が主導する国際的作業グループが作成した勧告に基づいています。 提案されたすべての原則が採択されました。 複数の具体的行動が、採択された各原則に関連付けられています。これらはいくつかの大学により擁護されます。大学リーダーは、採択された6原則に関連した具体的行動を自身の大学で率先して実行することを表明しました。U7+加盟大学は、計247個の個別行動に関する誓約を行


Leave Comment


Your Name *
Your Email *
Your Website

Comment *