June 5, 2019

大塚化学:アステラス製薬よりセフィキシム事業の一部を承継

東京–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 大塚化学株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:原島丈治、以下「大塚化学」)はアステラス製薬株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長CEO:安川 健司以下「アステラス製薬」)のセフィキシムに関わる事業の一部を承継することにいたしましたので、お知らせいたします。 今回の契約により、当社は、アステラス製薬によるセフィキシムの海外ライセンシーに対する原薬供給およびライセンス事業に属する契約、商標等の資産を譲受し、原薬事業に参入することになり、中間体から原薬まで一貫した抗生剤関連事業を強化することになります。 セフィキシムはアステラス製薬が開発したグラム陽性菌、陰性菌に対する抗菌力を持った第三世代セファロスポリン系抗生剤であり、広く世界で処方されております。 大塚化学は、中心事業である化学品事業に加え、有機、無機分野で培った要素技術を生かして、高品質な原薬の製造技術力・販売力・ブランド力を高め、医薬関連事業・医薬受託事業の充実を進めて参ります。   会社概要   大塚化学株式会社(Otsuka Chemical C


Leave Comment


Your Name *
Your Email *
Your Website

Comment *