April 16, 2019

組織が運営管理コストの効率化を目指す中でクラウドの統合と採用が大きく進んでいることが新たな調査で明らかに

東京–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — データ仮想化リーダーのDenodoが実施した2回目の年次クラウド利用調査では、クラウドの導入が勢いを増していることが明らかになりました。36%の組織が現在クラウドへの移行を進めており、20%近くは自組織が実装の進んだ段階にあると考えています。データの保存方法が多様であり、情報源をクラウドに移行させるために多くの時間が必要であることから、ハイブリッド・クラウドが最も一般的で人気の高いアーキテクチャーになっており(46%)、それにプライベート・クラウド、マルチクラウド、パブリック・クラウドが続いています。多様な技術的背景を持つ経営幹部とIT担当者201人の集団を調査した結果、アジリティーの強化、ITコストの低減、規模拡大能力の確保を目指した努力の中で組織によるクラウド・コンピューティングの採用が進んでいることが分かりました。 2018年の最上位のクラウド・プロバイダーはこれまでと変わらず、AWSがトップとなり(67%)、続いてMicrosoft Azure(60%)、Google Cloud(26%)となっています。企業


Leave Comment


Your Name *
Your Email *
Your Website

Comment *