December 3, 2018

ブライトライン・イニシアチブの調査により、より強力な戦略実行力を生み出すクライシス・モード学習が特定される

米ペンシルベニア州ニュータウンスクエア–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — クオーツ・インサイツとの協力の下、ブライトライン・イニシアチブは本日、調査報告書「Learning From Crisis Mode – Implications for Better Strategy Implementation(クライシス・モードから学ぶ – より良い戦略実行への示唆)」を公表したと発表しました。この報告書は、より良い戦略実行に関する危機の意味合いを識別することを目的としました。調査参加者は世界に広がり、その多くはCレベルの経営幹部であり(52%)、所属企業の年間世界売上高は10億ドル以上(65%)でした。この報告書は、戦略実行力を向上させる鍵となる慣行と推奨事項や、危機の経験を活用して危機ではない環境で変化を起こす方法についての知見を読者に提供します。 この報告書では、危機が戦略実行の3つの主要分野であるイニシアチブの優先順位付け、意思決定とプロセス実行のスピード、チームのエンパワーメントに前向きで永続的な影響を与え得ることが示されています。 主な調査結果は次


Leave Comment


Your Name *
Your Email *
Your Website

Comment *