November 6, 2018

スポットシーの「SpotBot」が日本の技適マークを取得

ダラス–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 低コストの接続性とデータを利用した衝撃・振動監視装置の世界的リーダーであるスポットシー(SpotSee)は、当社の衝撃監視装置「SpotBot™」が技適マークを取得し、日本での販売が可能になったと発表しました。 グローバル企業であるスポットシーは、世界中のお客さまにサービスを提供することを重視しています。日本で販売されるすべての無線機は、規制当局の承認を得るために試験され、日本の特定無線設備の技術基準に適合しているという認定を受ける必要があります。無線を発するあらゆる機器は、製品の見えるところに技適マークを付けて販売しなければいけません。この認定は、機器の安全性と、無線信号が日本国内の無線ネットワークで利用されている信号など、その他の信号と干渉しないことを保証します。 スポットシーの製品ポートフォリオ担当バイスプレジデントのアンジェラ・カーは、次のように述べています。「技適マークの取得はスポットシーとSpotBotにとって、大きな前進となります。この認定のおかげで、日本企業のサプライチェーンの効率を高め、コストを削


Leave Comment


Your Name *
Your Email *
Your Website

Comment *