October 12, 2018

クラウドストライクの報告書が、脅威ハンティングのエリートチームが得たサイバー侵入の動向を明らかに

米カリフォルニア州サニーベール–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — クラウドベースのエンドポイント保護技術のリーダー企業であるクラウドストライクは本日、報告書「脅威ハンティング最前線からの考察」を公表したと発表しました。本報告書は、巧妙で密やかな攻撃者による侵入を検知し、攻撃者の戦術・技術・手法(TTP)などの知見を明らかにする当社の業界有数のマネージド型ハンティング・チームであるクラウドストライク Falcon OverWatch™のデータを分析しています。報告書はまた、クラウドストライクの業界最先端の脅威テレメトリーを活用しています。この脅威テレメトリーは、176カ国から1週間に寄せられる1兆件のセキュリティー・イベントを処理し、クラウドストライクのOverWatchが1年間に阻止する2万5000件以上の侵入の試みについて、さらなる関連情報を提供するものです。全体的に見て、検知された侵入のうち国家が関与した攻撃者による標的型攻撃は48%で、サイバー犯罪者によるものは19%でした。 報告書によると、サイバー攻撃者が最も頻繁に標的にしているのは、技術、プロフ


Leave Comment


Your Name *
Your Email *
Your Website

Comment *