April 17, 2018

東芝:コンシューマ向け内蔵ハードディスクの発売開始について

東京–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 東芝デバイス&ストレージ株式会社は、多様化する顧客ニーズに対応し、6種類のラインアップを取り揃えた東芝ブランドのコンシューマ向け内蔵ハードディスクを発売します。6月より順次出荷を開始します。 近年、企業や個人用ストレージのニーズが多様化しています。ノートパソコン、デスクトップPC、NAS[1]などの用途では、それぞれに適したシステムを構築するため、より信頼できるメーカーの内蔵ハードディスクを使って自作したいという要望があります。このようなニーズにお応えするため、このたび、コンシューマ向けの内蔵ハードディスクとして、6種類の製品を発売します。 P300 Desktop PC Hard Driveシリーズは、デスクトップPC向けの3.5型内蔵ハードディスクです。パソコンで求められる、性能、容量、ロード・アンロードサイクル30万回の信頼性を備えています。 L200 Laptop PC Hard Driveシリーズは、ノートパソコン向けの2.5型内蔵ハードディスクです。最大2TBの記憶容量を持ち、ノートパソコンの性能を強化し


Leave Comment


Your Name *
Your Email *
Your Website
Comment *